読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう嘘はつきたくない。

元WEBクリエイターの正直なブログです。正直と言っても暴露モノとかハードな内容ではないです。ごめんなさい。

ダイエットにもオススメなお肉「ガツ刺し」って知ってます?

f:id:nakkun07:20170131103142j:image

はいー。こちらがガツ刺しであります。

都内の焼肉屋さんとかではあまり見かけませんよね?僕が行ってる大衆店にないだけなのかな。高級なお店やこだわってるお店にはあるのかも知れませんが、なかなか見かけないので紹介しちゃいます。

 

ガツ刺しって何?

ガツ刺しの「ガツ」とは豚さんの胃袋の一部のこと。焼きだと上ホルモンで出される部位みたいです。

そのガツをボイルして味付けして食べるのがガツ刺しなんです。刺しとか言いながらちゃんとボイルしてますのでご安心を。

 

ガツ刺しの魅力は食感!肉厚でコリコリとした食感がクセになるんです。貝っぽい食感ですね。

 

低カロリー高タンパクでダイエットにもぴったり!ビタミンB1やコラーゲンも豊富らしいので女性にオススメかもですね。

 

この日買ったガツ刺しはネギ塩ベースのさっぱり仕立てで、お酒のお供にぴったりでした。

こちら群馬県の齊藤食肉店さんで買いました。おいしかったです!ごちそうさまでした!

富岡製糸場からクルマで10分くらいのところですので、富岡へ行った帰りにぜひ寄ってみてください!テイクアウトで買えますので。

 

齊藤食肉店
〒370-2212 群馬県甘楽郡甘楽町福島 群馬県甘楽郡甘楽町大字福島4−4
https://goo.gl/maps/EV4ECaC445A2

 

86年生まれの野球好きが独断と偏見で選ぶ面白い野球漫画ベストナイン

ども、なっくんです。

先日、下北にある野球専門店に行ってきました。

f:id:nakkun07:20170118222516j:image

レザーローションだけ買ってさらっと帰ろうと思ったのですが、楽しすぎて1時間ほどじっくり店内をみてしまいました。もうすごいんです。

f:id:nakkun07:20170118222758j:image

壁一面いや、壁三面に並ぶグラブたち。野球好きとしては心踊ってしまいます。この瞬間、僕の閉じ込めていた野球熱が一気に吹き出してきたのです。

 

ということで前置きが長くなりましたが、野球好きで野球漫画も大好きな僕がオススメの野球漫画をご紹介します?かなり長くなっちゃいましたがスタートです。

 

 

 

 

独断と偏見で選ぶオススメ野球漫

名門!第三野球部

【あらすじ】

主人公は名門高校の三軍、通称「第三野球部」に所属する檜あすなろ。落ちこぼれの第三野球部は存在価値を認めてもらえず、監督から解散を命じられます。

下手でも野球を好きな気持ちは一軍にも負けない第三野球部は、負けたら解散、勝ったら一軍に上がるという条件で試合をすることに…。

 

下手クソが練習に練習を重ねて努力で成長していくという熱血スポ根野球漫画です。人生で1番最初に読んだ野球漫画だったからですかね?とても印象に残っていて面白かった作品です。

ズバ抜けた熱さを強肩に例えてライトとして選出しました。

個人的には、野球部でなかなかうまくいかないなーなんて思っている人に読んで欲しいですね。

  

 

 

 

 

メジャー 

 

【あらすじ】
主人公・本田吾郎の夢は、おとさん・本田茂治のようなプロ野球選手になること。茂治は横浜マリンスターズ(アニメでは横浜ブルーオーシャンズ)の一軍半のピッチャーだったが、怪我に泣かされ思うような活躍が出来ず引退を考えていた…。

 

という吾郎くんの成長を追うお話。全78巻。
幼稚園からリトルリーグまではリアルタイムで読んでいたこともあり、1位にしてほしいくらい面白かった。ちょっと長すぎたよね。いや、面白いんですけどね。高校くらいまででも良かったかなーと思っていたからこの順位にしました。でもかなり好きなマンガです。

子どもから大人まで、男女問わず支持を集める守備範囲の広さはまさに外野の守備の中心にぴったり!ということでセンターにしました。

小中学生に読んで欲しい野球漫画ですよね。お子さんへのプレゼントにオススメです。

 

 ちなみに続編のMAJOR 2ndが連載中です。

 

 

 

 

 ダイヤのA

 

 【あらすじ】
主人公である野球少年・沢村栄純が、野球名門校で甲子園出場を目指して奮闘し、エースピッチャーを目指し成長していく姿を描く高校野球漫画である。本作は強豪校への野球留学を肯定的に描き、部員数が100人近くいる野球部を舞台としている。強豪校がひしめく東京地区を制し、さらに全国制覇することを目標としている。

 

この漫画は本当にリアル。あ、髪型とか外見以外はね。僕の弟が県では有数の野球強豪校にいたんですけど、共感できるっていって僕よりハマっていた漫画です。絵の感じからしても女性にオススメですね。うん、野球部ってこんな感じですよ。

 野球ファンあ女性ウケするタッチ

高校球児の息子さんにプレゼントしてあげてください。野球への意識が高まるかも。

 

ダイヤのA コミック 1-47巻セット (講談社コミックス)
 

 ちなみにこちらも続編というか、一区切りしてact2に入っているそうです。

 

ダイヤのA act2(1) (講談社コミックス)

ダイヤのA act2(1) (講談社コミックス)

 

 

 

 

 

タッチ

 

タッチ 1 完全復刻版 (少年サンデーコミックス)
 

 

言わずと知れたあだち充大先生の傑作です。野球+恋愛というのが新しかったのかな?男子校の野球部にいた僕は南ちゃんがうらやましくてしょうがなかった。
子どもの頃から夏休みのテレビアニメで観たことがあるという人が多いですよね。でもタッチが面白くなるのはそれ以降ですよ。監督が交代してからが面白いんです。安くまとめ買いできると思うので、有名作家の代表作としてもぜひ読んでほしい作品です。

 

 

 

野球狂の詩 平成編
野球狂の詩平成編 (1) (ミスターマガジンKC (217))

野球狂の詩平成編 (1) (ミスターマガジンKC (217))

 

【あらすじ】
1972年から1976年まで『週刊少年マガジン』に不定期連載(のちに連載)された、「野球狂の詩」の続編。プロ野球セ・リーグに所属する球団東京メッツの、50歳を超えたよれよれ投手、岩田鉄五郎以下、愛すべき「野球狂たち」を主人公とした連作である。

 

ドカベンの作者・水島新司先生の作品です。ドカベンも好きですが個人的にはこちらの方が好き。完全架空なのでそれぞれのキャラクターの個性が強過ぎて面白いんです。
女性のプロ野球選手に70歳を過ぎた現役投手などあり得ない野球が起きていることが面白い。
プロ野球キングっていうニンテンドー64の野球ゲームがあったんですけど、それで東京メッツの選手を再現するくらい好きでした。

水島新司作品を読んだことがないという野球漫画通にオススメかもです。

 

 

 

 

 

砂の栄冠

 

 【あらすじ】
学校創立100周年を迎えた年、樫野高校野球部は夏の県大会決勝まで勝ち進むも逆転負けを許し、あと一歩で甲子園出場を逃した。
特別支援が打ち切られ樫野野球部は並のチームに戻ってしまったが、野球部のファンである老人のトクさんは新チームのキャプテンとなった七嶋裕之に現金1000万円を託し、七嶋は再び甲子園出場を目指すこととなる。

高校野球と金(かね)がテーマになっており、一般的な野球漫画と比べてブラックな要素が散見される。 また、高校野球を単なる学生スポーツとしてでなく「興行」であることを強調しており、野球部員たちが「さわやかな高校球児」を演じることにより試合を有利に進めようとする様が描かれている。


僕も高校時代キャプテンをやっていたのですが、それはそれはダメな監督の下で野球をやっていたんですね。この漫画のガーソのモデルの1人かもと思うくらいダメ監督だったんです。だから共感しちゃってね…僕には七嶋くんほどの実力はなかったけど、キラキラばっかりの学生野球にドロドロを持ち込んだ名作です。

キャプテンになったら絶対に読みましょう。視野が広がり、視点が変わります。

 

 

 


H2

 

H2〔文庫版〕  1 (小学館文庫 あI 61)

H2〔文庫版〕 1 (小学館文庫 あI 61)

 

 

【あらすじ】

大の親友であり、そしてライバルでもある国見比呂と橘英雄。2人はチームメイトの野田敦と共に中学野球で地区大会二連覇を果たすが、その後医師から比呂は肘、野田は腰にそれぞれ爆弾を持っていると診断されてしまい、野球を断念。英雄が野球の名門・明和一高に進んだのに対し、比呂と野田は野球部の無い千川高校に進み、それぞれサッカー、水泳に取り組むことにした。

 

あだち充大先生の傑作パート2です。ピッチャーの比呂、スラッガーの英雄、「HERO」2人のお話。タッチに比べるとチームメイトひとりひとりの個性が強くなっていて、野球要素が強くなっています。木根が甲子園で投げる話なんてもう涙なしでは読めません。
僕があだち充作品を好きな理由は、セリフの面白さです。キャラのセリフのやり取りが軽妙でほど良く面白いんですよね。名言も多いし。いろんな意味ですごく勉強になる漫画なんですよね。シナリオとかストーリー作りを勉強したい人にもオススメな漫画です。

野球もしたいが恋愛もしたい!という中学生球児、高校球児にオススメ。

 

H2 文庫版 コミック 全20巻完結セット (小学館文庫)

H2 文庫版 コミック 全20巻完結セット (小学館文庫)

 

 

 


クロカン

 

クロカン 1

クロカン 1

 

当時のスポーツ漫画としては珍しくチームの監督を主人公とした作品。ベンチ間での腹の探り合いや采配の応酬や戦略なども描かれています。粗暴な言動、定石を破り捨てるような斬新な采配のクロカンこと黒木竜次監督。
当時としてはすごく斬新だったのではないでしょうか?高校野球は指導者が九割という人がいるくらい監督の采配や指導の影響が大きいですからね。こういう個性的でもしっかりとした信念を持っている監督のもと野球をしたかった!!
野球部の監督はもちろんのこと、スポーツチームの指導者も読んでおいた方が良いかも。

 

 

 


ペナントレース やまだたいちの奇蹟

 

 


【あらすじ】
野球が大好きだがド下手な山田太一(以下 たいち)は、少年時代から憧れたセントラル・リーグのお荷物球団・アストロズに入り、三原脩と優勝を目指す事を夢見る。そんな彼の闘志が、アストロズに奇跡を呼び起こす…。

 

少年時代から三原監督に憧れ、アストロズを優勝させるという夢を持っていた主人公の太一と双子の弟、泰二。時は経ち、甲子園を制したドラフト1位候補の本格派投手となった弟の泰二は、万年最下位のお荷物球団となっていたアストロズにドラフト指名されてしまう。
一方、兄の太一はというと運動・勉強と何をやらせてもダメだったが、子どもの頃からの夢を叶えるため入団テストを受験。強引にアストロズに入団することになる。その後、なんやかんやあり、アストロズを優勝させたら自由契約にするという三原監督との約束のもと、弟・泰二もアストロズに入団することに。

この漫画の魅力は何といっても、兄・太一のまっすぐさ。純粋でバカで、アストロズを優勝させることしか考えていない太一に次第に影響され、万年最下位球団の個性あふれる選手たちが徐々に変わって行くところが見どころですかね。個人的には最もジャンプらしい野球漫画だと思うんですけどね。僕はこの漫画の練習機材を真似して個人練習してました。かなり思い入れの強い漫画なので1位にさせてもらいました。

オールド野球ファンにオススメです。阪神の亀山、ヤクルトの広沢とか懐かしい選手が出てくるので。

 

 

まとめ

長かったですよね。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!

これ書いて、改めておれって野球好きなんだな〜って思いました。やっぱ野球は良いですよ。楽しいです。

野球熱が出てきちゃったので、今度は連載中のオススメ野球漫画を紹介しようと思います。

では今日はこの辺りで。

 

 

絶品ホットケーキを150円で食べられる喫茶店が京王線八幡山にあった。

みなさん、いきなりですが問題です。

「パンケーキ」と「ホットケーキ」は何が違うかご存知ですか?

 

実はこれ、明確な正解はないんだとか。

某テレビ番組で製粉会社複数社にインタビューしたところ、

パンケーキは甘くないもの、ホットケーキは甘いものということにしているらしいです。

そもそも海外ではパンケーキとの呼び方が一般的で、ホットケーキというのは和製英語だそうです。日本に入ってくるときに独自に出来上がった甘いパンケーキがホットケーキなんでしょうね。

 

 

八幡山駅から徒歩15秒で着く喫茶店

さてある用事でやって来たのは京王線八幡山駅新宿駅から各駅停車でも15分以内と、アクセス良好でとても落ち着いた街です。

友人から駅を降りてすぐの喫茶店で待ち合わせしようと言われ、甲州街道側へ数歩あるくとすぐにお店を発見しました。

地元住民から愛される喫茶店。「ルポーゼすぎ」です。

 

f:id:nakkun07:20170117110334j:image

実は僕、このお店を訪れるのは3度目くらい。いつも混雑しているイメージでしたが、この日は訪問したのが夕食どきだったこともあり、空いていました。

 

 

ホットケーキが150円!!

そしてこの日は15日。実はルポーゼすぎでは、5日、15日、25日と「5」がつく日にプレーンホットケーキが150円になるキャンペーンをおこなっているんです。(ドリンクをオーダーした人のみ対象)

普段550円のホットケーキが150円ってのは安い!ブレンドコーヒーとプレーンホットケーキをオーダー。

f:id:nakkun07:20170117111758j:image

ででーん!来ましたー!見てくださいこの厚さ。

f:id:nakkun07:20170117111946j:image

わかりにくいですか?

f:id:nakkun07:20170117112035j:image

これならどうだ!うん、良いかも。男性も満足できるボリューム!

f:id:nakkun07:20170118102955j:image

味は昔懐かしい優しい味のホットケーキ。なんですが、僕個人的には表面のカリカリと中のふわふわがすごく面白くて、いままで食べたホットケーキ・パンケーキの中で1番好き!って思いました。

ほんのり甘い生地にシロップとすこーしだけマーガリンをつけて、パクッと。満足度の高いホットケーキでした。

 

f:id:nakkun07:20170118103415j:image

650円でコーヒーとホットケーキのセットが食べられるのはお得ですし、どちらもかなりおいしいですので、ぜひ一度は行ってもらいたいお店です。

 

 

 まとめ

最後にもう一度おさらいします。プレーンホットケーキが150円になる日は、「5日、15日、25日」の「5」がつく日です。対象はドリンクをオーダーした方のみとなります。

コーヒー500円は高いかな…と思うかもしれませんが、500円でも高いと思わない味だと思います。

そして個人的には他にもオススメしたい料理がいっぱいあるんです。昔懐かしいナポリタンにピラフ、個人的に一押しなのがレモンスカッシュ。けっこうすっぱくて、炭酸強めです。コーヒー苦手という方にはオススメかもです。

これからも応援したいお店をブログで取り上げて微力ながらお力添えできればなと思います。では今日はこの辺で。

 

[食べログ]アクセスが制限されています

 

 

いまの僕は、何も頑張れてない。今この時から変わると誓う。

土曜日、体調を崩して彼女さんとのデートをキャンセル。

寝て、漫画読んで、テレビ見て気づいたら日が変わっていた。

 

日曜日、寝て起きたら調子が良くなっていたため深夜2時過ぎまでダラダラと起きていた。結果12時ごろ目がさめる。

4時過ぎに外出して下北沢へ買い物に行き、帰りは下高井戸の月見湯温泉へ。温冷交代浴をして体調を整える。

10時過ぎに帰宅し、食事の準備。12時ごろ乃木坂工事中を観ながら鳥もも肉焼きとレタスを食べる。見逃しドラマをダラダラ観ながら寝る。

 

f:id:nakkun07:20170116111143j:image 

という最低な土日を過ごしてしまった私であります。

 

勉強してないし、何もしてない。

 

いまのおれ何も頑張れてないって気付き、落ち込んでいるところです。

 

せめて今日は仕事を超頑張って、帰ったら1時間でも勉強しよう。

 

そうだ、今日はテレビ禁止にしよう。

さすがにこのままじゃマズイよ。

東京は冷たい街ではないけど、難しい街だよね。

地方出身で、地元で数年働いたのち、僕は上京した。

だから東京と地方の違いがよくわかるんだけど、東京は決して冷たい街ではないよ。

昔ながらの人情家のおじさん・おばさんもいるし、親切な人もいっぱいいるのをこの目で見た。

 

ただね、環境が悪いのは否めないかなと思う。人が集まり過ぎているんじゃないかな。そして仕事や人口過密のストレスが溜まっているから余裕がない。だから優しくできなかったりするんだと思う。

 

それに東京の人が冷たいとかそっけないと思われるのは、人口が多いからだよね。街に埋もれられるから。これは悪いことだけじゃなく良いこともある。

地方は買い物する場所や遊ぶ場所もある程度限られているから、知り合いに遭遇することが少なくない。

でも東京ってほとんどない。僕は上京して6年目になるけど、会社の人に一度もあったことがない。

 

東京の人は街に埋れて、群衆に身を隠すことで自分を守っているんだと思う。

 

群衆に埋もれるために、他人には興味を持たないようにしているのではないかな、と思った。だから、難しいと感じたんだよね。

 

 

昨日電車で

f:id:nakkun07:20170113234031j:image

取引先へ地下鉄で移動中、駅について1番端の座席が空いた。すると乗ってきた白髪の女性(以後おばちゃん)が、空いている座席に座ろうとした瞬間に電車が動き出した。

すると女性はバランスを崩し、隣に座っていた20代くらいの女性(以後お姉さん)の足に座ってしまったのだ。

 

おばちゃん:「あ!ごめんなさい!痛かったよね?ごめんなさいねー。」

お姉さん:「びっくりしたー。けど、全然大丈夫ですよ。逆に大丈夫でしたか?」

おばちゃん:「私は大丈夫よ。ほら、私ひざがね悪いのよ。ごめんなさいね。」

お姉さん:「いえいえ、私のひざで良ければいつでも使ってください。」

ふたりとも:「(笑)」

 

この後お姉さんが降りるまで2人は雑談を楽しんでいました。

 

ちゃんちゃん♪

 

 

……え?

 

何が言いたいかよくわからないって?

 

つまり、冷たく見える東京の人は殻が少し厚めなだけで中身はみんな変わらないってことです。

 

なんて言ってる僕はもともと東京嫌いでした。いまは苦手です。

 

次回はその理由について書きます。

2017年にやりたいこと、それは「プ」から始まって「ズ」で終わること。

ブログ執筆は通勤時間内に行っています。

どうも、なっくんです。

 

今週のお題にそって今年やりたいことを発表します。それは…(ドラムロール)

 

結婚です!

 

……

 

そんなん良いよ、勝手にしろよとか思いますよね。すみません、でも書いて自分を盛り上げないとって思うようなハードルがあったりするんですよ。

 

〇〇〇試験に受からなければ

f:id:nakkun07:20170112232728j:image

そのハードルとはね、仕事です。僕の彼女さんはいろいろトライしたいことがあるので、僕にはできるだけ安定してほしいとのことだったんです。

そしていろいろ2人で話し合った結果、公務員になることにしたのです。

 

だから僕は今年、公務員試験に受からないと結婚できないのです。

 

公務員を選んだのは安定しているからという理由もあるんですけど、1番ではないんです。

彼女さんは意外にも僕のクリエイターとしての実力を買ってくれていて、ゼロにするのはもったいないと。依頼する側になれば作りたいものを作れると教えてくれたんです。

なかでも意外にも広告制作のチャンスが多いのは市役所だと。ポスター、WEBサイト、パンフレットと幅広く広告制作の機会があり、しかもクオリティが低い。僕が市役所に入ることはWIN-WINの関係になれると、彼女さんから熱いプレゼンを受けまして、公務員試験を受けることにしたのです。

 

他にも地域復興とか過疎化問題とか民俗学的なことが好きだったり、父親もじいさんも公務員だったりするから、ここにきて公務員の話が出てきたことが面白くて受けようと思ったのもあるんです。

 

だからね、僕は勉強しなくてはならないんですよ。その合間の息抜きでブログをやって行きます。

 

公務員受けるっていうと、日和ったとか思う人もいるだろうし、賛否の否の方が多そうですけどね、職変えて支えても良いって思うくらい彼女のこと好きなんですよね。もう5年目になるけど、大好きなんです。

 

とは言え来年合格したとしてもすぐ入籍とは行けないから、2017年にやりたいことは

 

彼女さんにプロポーズです。

 

よーし、絶対合格しちゃるかんね!

合格して、絶対してやる!

 

 

ブログはじめました。

はじめに

はじめまして。なっくんといいます。今日からブログ始めます。

すっごく急なんですけど、僕がブログ始めることになった理由を書いても良いですか?というか書きますね。

 

えっと、簡単に自己紹介すると なっくん♂(30歳)、独身彼女アリ、首都圏在住一人暮らし、中小企業のサラリーマンに転職したばかり、こんな感じ。

 

実は僕、少し前までWEBサイトの制作会社で働いていました。

案件の90%が日本の三大広告代理店からで、けっこう有名な会社のWEBサイトをバリバリ作っていました。 でもね、いろいろあったんすよ。

 

広告代理店の顔色をうかがうことしかできない営業とバチバチやり合ったり、少しでも多くお金を取りたくて無駄な仕様を追加したがる広告代理店担当者に抗議したり。

結果としてクライアントの想像を超えるクオリティの高いものが出来たり、ユーザーから反響があるものが出来ました。

 

でも傾向としてどんどんどんどん中途半端になってきて、2016年はずっと広告代理店の満足するものしかつくれなかったんです。営業にそうやられてね。

 

いくら頑張って良い感じにしても、営業と代理店がつまらないものにしてしまう。クライアントも無難なものを希望する。

「クオリティを求められてないならクリエイターではない。」 そう思って、クリエイターを辞めていまは中小企業で営業の仕事をしています。

 

クリエイターを辞めた理由

僕が制作の仕事を志した理由は、つくるのが好きで、良いものをつくって人を喜ばせたかったからなんです。

いま、別に制作の仕事をしなくても自分のメディアを持って自分でできるんですよね。

だから僕はクリエイターを辞めたんです。 ブログで記事つくったり、カスタマイズしたり、できることやってみようと思います。

 

最後に

最初の記事がなんか愚痴っぽくなっちゃってすみませんでした。 できるだけ読んでくださるみなさんが少しでも得するような記事をつくれるように頑張ります。

 

これからよろしくーっす!